• 自動車保険のうち、自賠責の保険料は

    強制保険とされる自動車保険が自賠責保険ですが、この保険の保険料をご存知でしょうか。私はいつも車検の一環としてまとめて請求されているのでわかりませんでした。ちゃんと明細を見れば書いてあるのですけれど、いきなり料金が跳ね上がったりしない限りは明細を見ないので、知らなかったのです。私の場合は二年で三万円ちょっとでした。自賠責保険の保険料は、車両の種類によって変わってきます。私の父は営業用に使っているので、同じセダンでも値段が違います。普通の自家用車よりも軽自動車のほうが保険料は安くなりますから、コストを考えるのであれば軽自動車のほうが所有しやすいことになりますね。もちろん二輪車の場合でも自賠責保険には加入しなければなりませんし、この場合は自動車とまた異なった保険料になります。
    自賠責保険の加入が強制であることは既に記しましたが、これに加入していないと罰則があります。普通、車検証と加入証は一緒に社内に置いていると思いますが、もし自賠責の加入証がちゃんと車にあり、もしものときに提示できないと罰金が発生します。また、そもそも加入していなかったり、期限が切れても更新していなかった場合も罰金となります。その状態で事故を起こし、被害者がいた場合は、高額の賠償金が負担としてのしかかってきますので、車検時に更新するようにいていないかたは十分に気をつけ、期限切れを起こさないよう注意が必要です。ちなみに、車検は自賠責保険に加入し、自動車税を支払っていないと受けることができません。

  • 自賠責保険とはどのような自動車保険か

    自動車保険とひと口に言いますが、実は自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は車検の時に一緒に更新されるものなので、あまり意識しているかたはいらっしゃらないかもしれません。これは車のオーナーになった時点で入らなければならない義務があります。自賠責保険は万が一交通事故を起こしてしまい、被害者が存在する場合、その被害者に対する賠償を行うために加入するものです。任意保険と違い、自賠責保険には支払い限度額が法的に定められていますが、自賠責保険に入っている限りはその金額までは被害者に必ず支払われることになります。お金が払えないから一円も賠償できない、という事態を避けるための強制保険なのですね。
    車の事故で難しいところは、たとえ普通に走っていて相手が飛び出してきた場合でも、車を運転している側の責任はゼロではないということです。相手が怪我、もしくは死亡した場合、必ず何らかの賠償が必要になります。安全運転だから保険に入らなくても大丈夫、というのではなく、強制保険として自賠責保険が存在するのはそのためなのです。ただし、自賠責保険は相手が人物に限られますし、上限も決められていますから、任意保険に入っているかたが多いのではないでしょうか。かくいう私も任意保険は対物、対人ともに無制限の任意保険に入っています。車が盗難にあい、それに気付く前に事故を起こされる可能性がまったくないわけではありませんから、安心のためにも任意保険にも加入しておくとよいと私は考えています。

  • 自動車保険の自賠責について。

    車を所有すると、自動車保険として、必ず自賠責に入ることが必要だと思いますが、その金額はたいしたことはなく、万が一の時の保険というぐらいで考えることが多いと思います。原付バイクでも、そんなに事故は頻繁に起こさないのに、自賠責にはいらなければなりません。しかし、一度事故を起こすと、想像を絶するくらいの金額がかかることを知っておくほうがいいと思いました。というのも、一度人身事故を起こしてしまったのですが、その時の相手が酒を大分飲んでいた上に信号無視であったので、こちらの過失はほとんど問われることはなく、免許への影響はありませんでしたが、治療費としてかかった金額が相当な金額になったのです。事故による怪我の治療費は、一般の2倍から3倍かかるので、検査ひとつ、レントゲン1枚でも、とても高いものなのです。それで、自賠責から、支払われるのは最高200万ぐらいだったと記憶していますが、加入時には、それだけあれば、何とかと思いましたが、全然足りませんでした。
    治療期間が伸びれば、またそのあとのリハビリなども考えると、自賠責とは何なのかと思うぐらい、ほとんど役に立ちません。任意の保険にも加入していたので、そこから今後の対応はすべて任せることが来て、退院後のことまでも保証金として話がまとまりましたが、自賠責の数倍の金額が必要であることがわかりました。よって、自賠責は当然ですが、任意の損害保険で、対人は必ず無制限の保険が必要でしょう。

  • 自動車保険の自賠責はどれくらい?

    自動車で事故を起こしたら、自動車保険は適用されます。これまでも事故を経験してきました。それは保証も含めた相談でした。そして、自分は去年事故の被害者になりました。相手が悪かった成果、今も補償の話し合いが続いています。これは早く支払え、という気持ちはずっと持っています。相手が交渉として上手く利用されている気がしますから、これまでに積み上げた物、弁護士という法律のプロフェッショナルが時代の変化とともに活躍されています。やはり事故に遭った後は被害者、加害者の間で示談という手段もあります。それだと事故の後遺症はあっても、相手に負担できません、自分達で全てを手続しないといけません。私の場合、事故に遭ったのはペーパードライバー講習中でした。私はその場で示談成立だったら…自動車保険の話、自賠責の話も全てが水の泡でした。ちょうど講師が相手にブチ切れした事から話が大きくなりました。そしてそこから長い道のりが始まりました。現在も進行形です。やはり補償の話、自分達で上手く利用する事も求められます。
    自賠責がようやく支払ってくれました。私の口座に自賠責の金額がそのまま振り込まれていました。正直、内心ホッとしました。車は幾らあっても足りないものです。自動車保険は自分のものですから、利用する価値があります。プロフェッショナル同士の交渉が今も続いています。自賠責が住みましたから、後は医療費、補償へと移っていきます。それは成果になります。

  • 相手がわからない時のための自動車保険として自賠責

    先日あるポスターのようなものが貼っていました。そちらには自転車の写真が載っていて、その自転車を運転していた人を探すというものでした。ある人がその自転車でトラブルにあったようですが、乗っている人がわからない状態ということのようです。トラブルにあった人の関係者がその書類を作成したということになるでしょう。この人が自動車やバイクに乗っていないとなると、その人自身は特に保険に入る必要はなくなります。一方自動車などに乗るということであれば、当然強制保険には加入していることになります。そうすれば何らかの対応が取れるかもしれません。
    何らかのトラブルが起こるというのは、誰にいつ、どのような状態で起こるかわかりません。こちらが歩いていて、相手が車の場合、ぶつかられたとして、その車がどこかに行ってしまえば何もわからない状態ということになります。誰かが見てくれていれば情報を得ることができますが、見てくれていなければ自分で見るしかありません。でも見ることができる状況かです。激しくぶつかられたとなると痛みがあるでしょうからうずくまったり、倒れこんだりになります。ナンバーや車の状況などもわかないままです。病院に運ばれれば、単に怪我をした人ということになってしまいます。
    このようなとき自動車保険の自賠責に加入していると、お金の面で助かることがあるかもしれません。通常はぶつかってきた相手に損害賠償をすることになります。その人が保険に入っていれば、その保険を利用して治療などを行っていくことになります。でもその人がいなかったり、無免許などで保険に未加入ということがあります。この人がお金を持っていないというのであれば、損害賠償すらできないということになってしまいます。治療費も払えないということになります。この時、自分の自賠責を利用することができます。怪我などにより上限が設けられていることがありますが、自分のためのことに使えることになります。